小林内科 小林内科
    院長 小林 利高
 〒501-3861 岐阜県関市小柳町5番地
    TEL 0575-21-6020
 E-mail
tk340801@alto.ocn.ne.jp
 URL http://www.immunotherapy-clinic.jp/






○メニュー

・HOME
  ・診療内容  ・新免疫療法  ・AHCC

・ビタミンC  ・診療時間  ・地図  ・院長ホームページ




○ごあいさつ


当院院長は、自らの悪性リンパ腫を、新免疫療法克服しました。
当院院長の
も、直腸癌を、新免疫療法克服しました。
この経験を活かし、
新免疫療法普及させる為、小林内科を開院しました。
この
ホームページで、患者様にとって、お役に立てる情報が提供できればと思っています。


○当院の特徴

がん
免疫治療新免疫療法を行っています。
がん細胞のみを選択的に傷害し、正常細胞には無害な、高濃度ビタミンC点滴療法を行っています。



○新免疫療法とは

β1−3Dグルカン
構造を持つ、キノコ由来成分酵母由来成分の、内服注射により、樹状細胞を刺激し、IL−12(インターロイキン12)の産生を誘導し、キラーT細胞NK細胞NKT細胞を活性化し、がん細胞傷害します。同時に、サメ軟骨内服により、がんの新生血管形成阻害し、がん細胞増殖抑制します。これらは、副作用の少ない体に優しいQOLの高いがん治療となっています。


○高濃度ビタミンC点滴療法とは

ビタミンC血中濃度
が、抗腫瘍効果を期待し、4000μg/mlを超えることを目標とし、ビタミンC15g〜120gを、1gにつき1分〜2分かけて点滴する治療法です。高濃度ビタミンC点滴療法は、副作用の無い抗癌剤治療とも言われ、がん細胞のみを選択的に傷害し、正常細胞には無害とされています。免疫抑制が無い為、新免疫療法との併用も行っています。


TOP↑